にほんブログ村 ライフスタイルブログ 60代の生き方へ

大和は国のまほろば(その3)〜奈良にうまいものなし?

作って下さってる方にすごく失礼な話だと思いますが、「奈良にうまいものなし」という言葉があります。

そんな「奈良」という随筆を書いたのは、文豪の志賀直哉そうです。志賀直哉って、あの「城崎にて」とか「暗夜行路」とかで有名ですね。

志賀直哉は、奈良市にしばらくいたことがあるらしいので、詳しいのは事実でしょうが

どういう風に書いたかはともかく、確かに海から遠いので、魚介類はそりゃあ海辺に比べたら、そんなに新鮮とは言えませんね。

畜産関係では、大和牛(ヤマトウシ)とかヤマトポークとか言うのもありますが、確かに神戸や松坂みたいなブランドというほどではないかも知れません。

野菜ナビというサイトで見てみると、全国で上位ランクの野菜は、みょうが(2位)、ルッコラ(5位)、グリーンピース(6位)とかマイナーなものが多いです。収穫量なので、一概には言えませんが

こうして見ると、あまり華やかさはないかも知れませんが、今の物流から何でも手に入るし、美味しいものでは、決して他県に引けは取りませんよ(^^;)

みやげ物も、奈良漬けや葛(くず)、柿の葉寿司とか。あっ、こっちもやっぱり地味だった(笑)

でも、しかし、そう言えば、きな粉が美味しいです。くず餅もそうですし、正月の雑煮(白味噌)のもちは、きな粉を付けて食べますよ。

以前、なにかのTV番組で、変わった雑煮ランキングとかで1位で紹介されてました。

ちょっと微妙な感じがあって最初は抵抗あるけど、これが意外にうまいんです。雑煮のもちを砂糖入りのきな粉をつけて食べるだけなので、ぜひ一度試してみてください。

それにしても、奈良のうまいもの、紹介するのなかなか難しいな。ちょっと美味しいもの探してみます。

それにしても、大阪なら怒られる、オチのない話でした🙇‍♂️

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 60代の生き方へ