にほんブログ村 ライフスタイルブログ 60代の生き方へ

阪神淡路大震災から25年

あれから25年、早いもんです。

25年前の今日、東京出張のために5時過ぎに起きてトイレで座ってたら、ものすごく大きな揺れが襲ってきました。

テレビをつけたら、見たことない震度7という数字が並んでて、奈良市はその時震度5でした。5でこの揺れなら、7ってどんなんやろと怖かったなぁ。

1時間以上遅れて近鉄で京都に着いたけど、新幹線も走ってるわけもなく、取って返して本町の本社に向かいました。

途中オフィスビルの壁面が壊れたり、窓ガラスが割れて散乱する中、こわごわ会社に着いたという感じでした。

ロッカーは倒れ、デスクトップはデスクから落ちたりして、惨憺たる状況。

その後社内で対策チームが作られて、安否確認をしたけど、家の半壊とかはあったものの、幸いにも社員は全員無事でした。

コンビニに行ってもなかなか物が手に入らないという中、二日後だったか、対策チームで水・食糧や物資をかき集めて、神戸の社員に届けに行きました。

雨の中、西宮北口から何駅か歩いて行く途中、グシャッと潰れたアパートやマンションがあちこちにあって、この下にまだ沢山の人がいるかもと思うと、気が気ではありませんでした。

この大地震の後、ピロティ構造(1階が柱だけ)のマンションは耐震性能が弱いと問題になったことを覚えてます。

ブルーシートを公園に敷いて非難している沢山の人を横目に見ながら、12時間歩いて無事物資を届けて帰ったけど、翌日から40度近い熱が出て三日間寝込みました。

ところで、南海トラフ地震が30年以内に発生する確率は、7080%と言われていて、巨大地震が広域的に発生する可能性が高いそうですね。

われわれも、備蓄品とか避難場所の確認とか万が一の備えをしないといけないですね。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 60代の生き方へ