にほんブログ村 ライフスタイルブログ 60代の生き方へ

投扇興、投壺

何これ?とうせんこう、なげつぼ?見慣れない言葉ですが、とうせんきょう、とうこ、と読むようです。

投扇興はなんか見た覚えがあったけど、文字通り扇を投げてまとに当てる昔の遊びです。久しぶりに岡山後楽園に紅葉を観に行ったら、延養邸で催しをやってました。

正座して、扇のかなめのところを右手の人差し指の上に乗せて、そっと親指をそえる。左手は腿の上に置いて、からだを前に傾けて右手をぐっと伸ばす。少し勢いをつけて、えいやっと投げると、あーら不思議。扇がクルッと回ってひらーりと飛びます。

まとの当たり方で点数が決まってるようです。台の上のまとの下にすべりこんでうまく立ったら最高点。ちなみに、最高点は延養邸の12点やって。そんなん絶対無理やがな…(>_<)

次に、投壺もやらせていただきました。矢を手で持って、立って2メートルくらい先に置いてある壺にひょいと投げる。

弧を描いた矢が壺に入ると点数獲得です。簡単に入るように壺には輪っかが5つものせてある。これは簡単やなと勇んで5回投げましたが、1本も入らず0点(^_^;)

後にやったおばさんは一投目で見事に輪っかに入れていきなり得点でした。

お相手してくださったおじさんがかわいそうと思ったのか、もう一回やろうと言ってくれて、最後にやっと1本入ったけど、我ながら何ともどんくさいなあ。おっちゃん、ぼーっとせんと頑張らなあかんで、ほんま…

紅葉はお天気が曇りのため、少し残念な状況でしたが、何組かのカップルが和装で前撮りしてました。みんなそれぞれ可愛いわ。女の子たちがキャッキャ言ってて、おっちゃんも幸せのおすそ分けをもらったような気がして、ほっこりしました。

ほっ!

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 60代の生き方へ