なら瑠璃絵


今日も早朝から出勤です

真冬の寒さになってきたから、出勤がつらいです

血圧抑えるヨーグルト飲んでがんばってますが、効くのかなあ😓

今日2/8の夕方から、「しあわせ回廊、なら瑠璃絵」というイベントが奈良公園で始まります

イルミネーションで奈良公園が敷きつめられて、すごく綺麗ですよ

春日大社や東大寺とかの夜間拝観もできるそうです

今年は11回目だそうですが、14日のバレンタインの日までやってるそうです

明日にでも見に行きたいけど、こんなに寒いと腰が引けます

関西は、他の地域に比べて中国からの観光客が多いと今朝のニュースで言ってました

だから、新型コロナウイルスの影響が大きいそうです

奈良も観光客が減るでしょうね

さみしいイベントにならないといいですが

徳勝龍🐉

奈良県、しかも奈良市出身の力士がなんと98年ぶりの優勝!だそうです。

やりましたねえ。近大出身の力士で恩師が今月亡くなったそうですが、一緒に闘ってくれたと男泣き。

思わずもらい泣きしてしまいました。

幕尻優勝という言葉も初めて聞いたけど、33歳の遅咲きとなると、応援したくなるよね。

33歳、うちの長男の一つ下。188Kgあるらしいけど、息子は58Kgやから、3倍以上😵

腐らず努力したら、いつか報われるんやね。まだ、33歳って言ってたのが印象的でした。

まだまだ頑張れ!徳勝龍🐉

大和は国のまほろば(その3)〜奈良にうまいものなし?

作って下さってる方にすごく失礼な話だと思いますが、「奈良にうまいものなし」という言葉があります。

そんな「奈良」という随筆を書いたのは、文豪の志賀直哉そうです。志賀直哉って、あの「城崎にて」とか「暗夜行路」とかで有名ですね。

志賀直哉は、奈良市にしばらくいたことがあるらしいので、詳しいのは事実でしょうが

どういう風に書いたかはともかく、確かに海から遠いので、魚介類はそりゃあ海辺に比べたら、そんなに新鮮とは言えませんね。

畜産関係では、大和牛(ヤマトウシ)とかヤマトポークとか言うのもありますが、確かに神戸や松坂みたいなブランドというほどではないかも知れません。

野菜ナビというサイトで見てみると、全国で上位ランクの野菜は、みょうが(2位)、ルッコラ(5位)、グリーンピース(6位)とかマイナーなものが多いです。収穫量なので、一概には言えませんが

こうして見ると、あまり華やかさはないかも知れませんが、今の物流から何でも手に入るし、美味しいものでは、決して他県に引けは取りませんよ(^^;)

みやげ物も、奈良漬けや葛(くず)、柿の葉寿司とか。あっ、こっちもやっぱり地味だった(笑)

でも、しかし、そう言えば、きな粉が美味しいです。くず餅もそうですし、正月の雑煮(白味噌)のもちは、きな粉を付けて食べますよ。

以前、なにかのTV番組で、変わった雑煮ランキングとかで1位で紹介されてました。

ちょっと微妙な感じがあって最初は抵抗あるけど、これが意外にうまいんです。雑煮のもちを砂糖入りのきな粉をつけて食べるだけなので、ぜひ一度試してみてください。

それにしても、奈良のうまいもの、紹介するのなかなか難しいな。ちょっと美味しいもの探してみます。

それにしても、大阪なら怒られる、オチのない話でした🙇‍♂️

大和は国のまほろば(石上神宮)

「いそのかみじんぐう」、天理市にある神社で、昔の官幣大社で、日本最古の神社の一つだとのこと。

昔の社格には、官社、諸社、無格社というのがあって、官社の中に官幣社と国幣社があって、それぞれに大・中・小があったそうです。

そのうちの官幣社の大なので、一番社格が高いのです。ちなみに、奈良では、春日大社や橿原神宮なんかが、官幣大社です。

なお、全国の神社の最高に格の高いところは、伊勢神宮でここは社格を超越した存在。正式名称は、ただ「神宮」というらしいです。

余談はさておき、年初から休みを取って両親連れて、和歌山に一泊でご飯食べに行くのに、どこか行きたい場所の希望を聞いたら、石上神宮に行きたいというので、立ち寄った次第。

義母が小学校時代通った小学校の近くにあり、毎月掃除に行った思い出の場所とのこと。

なぜか境内には、いろんな種類のニワトリが沢山います。聞いたら神様の使いなんやって。

なかなか雰囲気のある存在感のある神社でした。

車でないと行けないところですが、天理まで電車でくれば、タクシー乗ればすぐなので、パワースポット好きの人とかはぜひ行く価値のある場所ですね。

吉!

何年か振りにおみくじを引いたら、「吉」と出ました。「運気盛んにして事を為すによろし」やて。年始から縁起がええな✌︎(‘ω’)✌︎

大和は国のまほろば、を感じられる素敵なところです。

大和は国のまほろば

Wikipediaを見てみると、まほろばというのは、素晴らしい場所、住みやすい場所という意味なんやそうです。

大和(倭とも)は国のまほろば、たたなづく青垣、山こもれる、大和し、うるはし

 

なんかええ感じでしょ。昔、国語で習った和歌やったんです。ヤマトタケルノミコトが詠んだ歌やとか…。この歌、なんか奈良盆地のきれいな景色が目に浮かぶようで大好きです。

でも、奈良はほんまに歴史があっていいとこですよ。日本の世界文化遺産の登録は20件くらいなのに、奈良県はその内3つもあります。国宝や重要文化財の数も、東京、京都に続いて3番目やとか…

奈良公園の周辺をちょっと歩くと、鹿か国宝重要文化財にぶつかります(笑)。それは冗談としても、それくらい素敵なとこなんです。

昨日も衣装合わせの帰りに行った東大寺の二月堂も国宝やし、途中に立ち寄った興福寺ももちろん。ほんまにあちこち国宝だらけ。写真の五重塔、北円堂も国宝でっせー。

しかも、建物を外から見るだけやったら、タダやしね〜。あ、関西人のいやらしいとこ出てしもたかな。外人さんも猿沢池で日向ぼっこしてはりました。

これから、ちょこちょこ行って紹介したいもんです。みんな、お金落としに奈良に遊びに来てや〜!

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 60代の生き方へ